通話アプリの電話はありだと思います

私はラインの無料通話をよく利用しています。
主に利用する友達は決まっていますが、長電話をする友達とがほとんどです。

メリットとしてはやはり、無料で使える、話せるということだと思います。
話がつきない親友とは2時間以上話すことも多々あります。普通の電話を使っていたときは、この前はどっちからかけたっけ?などと、通話料を気にして交互にかけあいをしていました。

ですが、この無料通話になってからは、気にせずに、今日電話するよなどとラインをして、すぐ電話をするときもあります。

手軽に使いやすく長話をする人にとっては本当に助かるアプリだと思います。

デメリットとしては、通信状況が安定しないことです。
特になにもしていなくても、きれてしまったり、声がとぎれとぎれで聞こえないときもあります。

その時はまた電話もかけますが、またすぐにきれてしまうときもあります。
その時は不便だと思いますし、盛り上がっているときだったりしたら、突然切れるのは冷めてしまうときもあります。

結局、一般の電話の代替になるかというと、「どちらかというと代わりになる」に一票です。
時間にも余裕があり、急ぎで伝えることがない場合は十分だと思います。

しかし完璧に一般の電話の代替になるかと言い切れないのは、急いで伝えたい、大事なことを伝えたいときに、電波状況が悪く、きれてしまったりしたら意味がないと思うからです。

電波が安定している、確実に話をすることができるという完璧な条件としては一般の電話のほうが勝っていると思います。

LINE電話響く???

LINEは便利でいいです。無料も家庭をあづかる主婦には大変嬉しいです。LINE電話使いますが、どうも電話の声がこもる??響くようで気になってしまいます。

話してて遅れて自分の声を聞いてしまい、何だか変な気分です。相手の声も送れてくるような気がして。少し間を取りながら話すようにしたら気にならなくなりました。もっと良いのはスピーカーのほうが遅れやこもった感も感じにくくなりました。ただお相手の方が早口だったり、遅れを気にしない方だと用件が通じにくいことがあります。

なので重要な用事のときは相手のことを考えて電話会社を選ぶようにしました。あと着信音も最初気づかず、何がなったの?状態で何度が電話くださって気づくまで時間がかかりました。

逆に知らない間に電話がつながってしまったこともあります。そのときも音がなくて気づかずあとで相手に言われるまで気づかなかったです。LINE開いて無料通話の文字見て「えぇ〜^」って思ったことが何度もあってなれないことがあって皆様にご迷惑を掛けてしまったので、LINEのお友達のところを開くときは気をつけて間違って電話しないようにしました。以外に簡単に通じてしまうので注意が必要です。でも友人とはとても便利な無料アイテムだと思います。

LINE電話は使えるか?!

skypeや050Plusなど通話アプリは複数ありますが、「日本で一番」利用者が多いチャットアプリであるLINE電話が使えるのかについて述べたいと思います。

まずLINEでの通話には大きく分けて2つあります。
�LINE電話(同一アプリ間の無料通話)
�LINE電話(有料のIP電話サービス)

�はskypeなども同様、LINEを使っているユーザ同士で利用できるサービスです。
LINEはチャットサービスとして日本で圧倒的なシェアを誇っているため、この無料通話を利用している人は多いでしょう。
IP電話ですので、通話品質はインターネット接続環境(無線の状態など)によりますが、
個人的には最近どんどん通話品質が良くなってきておりかなり「使える」状態になっています。

�は携帯電話や固定電話番号あてに発信できる有料サービスです。
LINEをインストールしていない携帯や固定電話あてにはこちらのサービスを使うことになります。
LINE電話の最大のメリットはその安さ。
他社携帯には6.5円/分、固定電話へは2円/分(一般的なスマホからの通常の料金は43円/分)とかなり格安になっています。
反対にデメリットはその特殊な仕組み故に発信者電話場号が付与されないため、受信者側で発信者番号通知がされません。
つまり受信者側からすると「誰からかかってきたかわからない」「折り返しができない」ということになります。

��のメリットデメリットを勘案すると、学生や完全なプライベート目的でスマホを利用する人には、
LINE電話はかなり使えると思います。一方で業務等で一部でも利用する場合、デメリットゆえの不便、
広く一般的に「信用」が得られていない現状を勘案すると、LINE電話のみで生活するのは難しいと思います。

最後に。通話アプリは「IP」通信をしているので当然ですが「データ通信料」が発生します。
月●●GBまでといったプランをご利用の方は、通話量は無料でもデータ通信料が発生することをお忘れなく。
(無料と思ってたくさん会話してたら、データ通信が限度を超えてしまった〜ということの内容にご留意あれ…)

LINEなんて電話じゃない!

私は一時期LINEを電話として利用していました。メールとしても使えるアプリなので電話としても使えれば完璧なアプリだなぁと思っていました。

しかし、やはりLINEは電話とは違いかなり使い勝手が悪いです。通話代の節約にはなるのですが、相手と自分の会話に少しタイムラグがあり会話がしずらいです。急に相手の声が聞こえなくなったりするので緊急の時などは使えたものじゃありません。音質についても、電話と比べるとちょっと違和感があり頭が痛くなってきます。LINEはメールとして使うのが一番かと思います。

今では各携帯キャリアから「電話かけ放題」というプランがでているので、尚更のことLINEが電話代わりになることは無いと思います。

ただ、電話かけ放題プランも中々月額が高いので、本当の意味で節約するのであればLINEの利用も視野に入るかもしれません。LINEでやり取りをしてすぐに電話を掛けられるのも、面倒臭がりが多い若い人達には向いているかもしれません。

総合的に見ると、音質やタイムラグを気にしないならLINE、「電話かけ放題」のプランに変更できる人や上質な通話がしたい人はキャリアが提供している通話機能を使うといいと思います。

仕事には使えないLINEの低レベルさ

私は友達とチャット使用でLINEを使っています。近所なのにLINEで通話しても全然声が聞こえない事、所々音が飛んでしまう事など非常に通話しづらいからです。

無料だから仕方ない?と言うレベルではなく、会話そのものができなければ電話として機能していない事になります。現在、様々な会社で「他社への通話無料プラン」や「通話し放題」「かけ放題」などのサービスが存在するのでLINEや通話アプリは電話として使用しなくなりました。

私の娘は中学生ですが、通話のプランは通常のプランであり、かけ放題ではありません。学生の内はLINEで会話でもいいと思いますが、大人は社会に出ているので会話が成り立たないと非常に困ります。

仕事の連絡、子供の学校からの連絡、通話しながらも大切な事はメモを取るくらいですから、聞き返せない状態やまるで聞こえないと大変です。通話不可能ならばチャットで補足していくと言う事を子供たちは取っているようです。

しかし大人は仲の良い人同士ならば可能ですが、それほどの仲でないならばチャットと言うわけにも行かず、いつ返事が来るかもわからないので一回の通話で全てを把握したいものです。

もっと通話が快適で声も鮮明ならば無料通話アプリは良いと思います。

LINEでの通話の使い心地 Wi-Fi環境下ならGood

LINEから通話するメリットは、まずテキストでの会話から
即電話につなげる事ができることだと思う。

テキストのやりとりで、既読になったら通話をすれば
タイミング悪く、再度かけ直しということが不要だから。
Wi-Fi環境下であれば、時間を気にせずに
そして高音質で通話ができるのもいいところであろう。

LTEや3Gであっても、実はそこまで通信はかかっていない
大体3分で9MB程だという。
言葉で伝え辛い内容、文章化し辛い内容をサクッとする場合は、
通話をしてもいいと思う。

デメリットとしては、
電波が安定しない環境であると、ブツブツ途切れがちであり
最悪の場合だと、通話が切れてしまう。
なので、通話する場所を選定するのは大事ではないかと思われる。

他にもSkypeなど、通話できるアプリケーションは多々あるが、
やはり、LINEのやりとりから直接通話できるのは、
大きなメリットではないか、

それこそ、Wi-Fi環境下であれば、好き放題通話出来るわけで、
Wi-Fiの通信速度制限がない、光回線などは
切れることも少ないし、電話よりも音声はいいし、時間を気にすることなく
会話ができるのは、通常の電話を考えても、
デメリットが少ないように考える。

ポイントはwi-fiだと思う。
自宅にこうしたものがあるなら格安スマホに替えて、
LINEなどを電話代わりにしても良いだろう。
格安SIMでスマホ代を大幅に削減する作戦のページに出てる人気MVNOなら、
通信速度はそんなに問題ないはず。

最近は一般電話もお得だし

LINEの無料通話、最初は「無料で何時間でも電話できて、なんて素敵なんだ!!」と大活用していました。
しかし無料というだけあって電波や回線の問題で相手の声がすごく小さかったり、自分の声が聞こえてきたり、
時差が出来たり、途中で切れちゃったり・・・。

彼氏と電話していても「なんで返事してくれないの?」とか「もっと大きい声で話せよ。」とか喧嘩になることも多々ありました。

せっかく電話していたのに喧嘩になっては意味がないですよね。
無料だから贅沢は言えないけどやっぱり「あぁーぁ。」って思うことも多々ありました。

最近だと基本料金にいくらか追加すると一般電話もどの会社にかけても無料、というオプションがありますよね。
実際に私もそういったプランにしているので、今ではほとんどLINEの無料通話は使っていません。
急用などでかけた時に「もしもーし?あれ?聞こえてる??」なんてやっている時間はありません。
それなら一般電話の方が確実です。

LINEの無料通話の場合は、無料なのがメリットかと思いますが、今では多少のプラス料金でほとんど無料で通話することができるんです。

そう思うと一般電話の代用品としては、もう少し回線が安定しないといけないのではと思います。

電波さえ改善してくれれば

友達から、LINEの電話がかかってきました。多分私が「よくわからない」と言ったからかけてきてくれたと思います。

ただ、無料で電話ができるのはとても有り難いと思いますが、電波はかなり悪いですね。「無料」という言葉にはかなり惹かれました。

ただ残念なのは、繋がったと思ったら、電話切れちゃうし、かけ直して話していても、ノイズが結構あって、お互いの会話がほぼ聞こえませんでした。私の中では電波がよくなれば電話=LINEになるかもしれません。

それ以来無料ということで、何回かトライしていますが、呼び出しまではスムーズなんだけど、繋がるとやっぱり電波はいまいちです。場所も色々変えてみましたが、今のところあまり影響ないみたいです。その為、結局LINEの電話で通話して他の電話からかけ直すことが毎回続くくらい、電波はよくないと思います。

LINEの電話でかけると、どちらからと言わずかけ直してばかりなので、初めから携帯からかけよう!という話しになりました。

通話料が無料ということでは、一般の電話の代用には十分なると思いますが、電波の悪さ、通話の悪さから言うと代用には厳しいかと思います。

無料通話のまま、電波が改善されれば文句なく一般の電話の代用品になると思います。