海外からもつながるLINE

友人に、LINEで無料で電話ができると聞いていたのですが、音声がクリアなのかどうかわからないし、なかなかLINEを登録しないでいました。

でもある日、台湾にいる友達が、LINEで無料電話で話しがしたいと、メールを送ってくれました。
なのでついに私も、LINEを登録しました。

そして、彼女とLINEで電話をしたのですが、まさか海外通話とは思えないくらいにはっきりと声が聞こえて、なんてLINEってすばらしいんだろうと感動しました。

しかも無料で通話ができるのです。

もっと早くから登録して、この無料通話を利用すればと、少し後悔しました。
また、他にも便利だったのが、ハワイに旅行に行ったときです。

無料でWIFIが使えるところ(ホテルやスターバックスなど)で、私の日本からの携帯は使えました。
なので、LINEで日本の家族や友人にLINEで無料電話をすることができました。

そのときは、WIFIの問題だと思うのですが、少し電波が不安定で相手の声が聞こえにくかったり、聞こえなかったりしたこともありました。
でも、改めてかけ直すと問題なく通話でき、また、相手にLINEでの電話がつながらないことは一度もなく、とても便利で助かりました。

無料でこのクオリティはとても素晴らしいと思います。

LINEでの通話の使い心地 Wi-Fi環境下ならGood

LINEから通話するメリットは、まずテキストでの会話から
即電話につなげる事ができることだと思う。

テキストのやりとりで、既読になったら通話をすれば
タイミング悪く、再度かけ直しということが不要だから。
Wi-Fi環境下であれば、時間を気にせずに
そして高音質で通話ができるのもいいところであろう。

LTEや3Gであっても、実はそこまで通信はかかっていない
大体3分で9MB程だという。
言葉で伝え辛い内容、文章化し辛い内容をサクッとする場合は、
通話をしてもいいと思う。

デメリットとしては、
電波が安定しない環境であると、ブツブツ途切れがちであり
最悪の場合だと、通話が切れてしまう。
なので、通話する場所を選定するのは大事ではないかと思われる。

他にもSkypeなど、通話できるアプリケーションは多々あるが、
やはり、LINEのやりとりから直接通話できるのは、
大きなメリットではないか、

それこそ、Wi-Fi環境下であれば、好き放題通話出来るわけで、
Wi-Fiの通信速度制限がない、光回線などは
切れることも少ないし、電話よりも音声はいいし、時間を気にすることなく
会話ができるのは、通常の電話を考えても、
デメリットが少ないように考える。

ポイントはwi-fiだと思う。
自宅にこうしたものがあるなら格安スマホに替えて、
LINEなどを電話代わりにしても良いだろう。
格安SIMでスマホ代を大幅に削減する作戦のページに出てる人気MVNOなら、
通信速度はそんなに問題ないはず。

90%以上がLINEを使ってる現状

私が、今までに使ったことがある通話アプリは、LINEです。そのLINEの、どんなところにデメリット、メリットを感じるのかを説明していきます。

まず、メリットとしては、やはりLINE同士なら無料で通話ができることが一番大きくて、次点にチャットの画面がメールなどよりも見やすく、部屋を作成し、複数数で同時にチャットを楽しむことができることです。

現在、大学生のLINEの使用率は90%を越えているらしいので、若年層ならば、無料で通話ができても、使ってない人が多いから意味がない、ということになってしまうこともほとんどないでしょう。

また、デメリットとしては、悪魔でも噂なのですが、電話帳の個人情報を抜かれているという噂があります。どういうことかと言うと、LINEは、インストールしたときに、電話帳を参照して、こちらが相手の電話番号を登録していて、尚且つ相手がLINEをインストールしていると、連絡先リストに表示されるようになっているので、そういった個人情報が抜かれている可能性はあります。

また、LINEは友人や知り合いなどでしたら、LINEで連絡を取り合うのはいいかもしれませんが、私個人としても世間の見解としても、仕事などでLINEを使って連絡をとろうとするのはふさわしくないという風潮がまだまだ強いです。

通話の音質、つながりやすさとしては、どちらも一般電話と、負けずとも劣らずだと思います。特に繋がりにくいと思った経験や、音質が悪いと思った経験はありません。

そういった面では、一般電話に十分代用品として使えるものであると言えると思いますが、現状では、仕事に仕事の場面では使いづらいので、世間の見方が変わってこない限り、完全に一般電話にとって変わるというのは難しいと思います。