はじめてライン電話を利用したときの感想

スマホに替えたのも、ラインアプリを使い始めたのも最近のものです。
ラインもこわごわおそるおそるはじめたくらいでしたが、目的はメール機能で、通話は≪品質がわるい、みな使っていない≫という話を聞いていたので、
機能としてはあるけれど、皆は使わないものだと勝手に理解していました。

通話のボタンを押したらどうなってしまうのか、どのタイミングでかかってしまうのかもよくわからなかったので、まずないボタンだと思って過ごしていました。

でも、あるとき、スマホをいじっていたら、勝手に発信してしまっていて、びっくり!
慌てて切りましたが、すごく焦りました。

そして、ラインのメールがきたなあとほっておいたら、実は電話で焦ったこともありました。
通話の品質事体は、普通のスマホの通話と変わらないと感じましたが、なんせラインかと思いきや通話なので、焦ってしまいます。

私とては、ラインはメールとしてのツールだと思って接しています。
電話番号も知らない(交換するほどのつき合いではない)人から、いきなり電話がかかってくるのは、プレッシャーであり、デメリットに感じます。

通常の電話の通話履歴にも反映されないし、ややこしいので、
電話機能としてラインの使用は私自身はしていませんし、出来ればかけてきてほしくないと思っています。

それが私の感じるデメリットです。
一般の電話というのは、スマホの通話機能ということでしたら、代用品として充分使えるけれど、使い分けしておきたいなというところです。